クレジットカードで税金支払いしてポイントを貯めるメリットとデメリット

現在、電子マネーは色々な種類がでてきていて毎日の通勤で利用者が増えてきている「モバイルsuica」や「おサイフケータイ」もそれにあたります。

スマートフォンからチャージできるものもありショッピングや食事の支払は残金の範囲内で行なうことができます。

レジでお金を数える必要が無いので素早く簡単にお会計が済ませられるため、連れの人を待たせる心配が要りません。

1ヶ月分がまとめて請求されるキャッシュ要らずのカードは累積金額が不安になりますが入金している中から支払われるシステムなので心配はいりません。

申込みについては、代金立替の信用取引ではないので入会審査が要らないため誰でも利用できるのが最大のメリットですね。

楽天やYahoo!で買い物をするときにオンラインで支払い手続きを完結する方法をネット決済と言います。

色々な決済方法がありますが、パソコンからのネットバンキングが便利です。

利用者は出かけなくても自分の都合の良いときなら昼夜を問わずに買い物ができるところが利点です。

売り手は都合が良いときに入金を確認すれば良く帳簿をつけなくてもWEB上に記録が残っているので管理がしやすいです。

しかし、便利なシステムでもウィークポイントがつきもので特に海外サイトを利用する際は用心が必要です。

キャッシュレスでも買い物できる1枚、その支払い方法には一括・分割・ボーナスなどから選ぶことが出来ます。

リボ払いは分割払いは別物で支払い残高で決めれた金額を毎月その会社へ支払います。

毎月の支払いが一定になるので家計の管理が簡単になるのが特徴です。

ただ、この方法は手数料も上乗せされますので毎回選択する事はオススメではありません。

支払いは計画を立てて行う様にしてください。

あると何かと便利なクレジットカード。

クレジットカードは通常ショッピングの支払いに利用しますがそれ以外にキャッシング機能が付帯しています。

キャッシングの機能とは?例えば、どうしても現金が必要になった時にATMなどからカードを使って現金を下ろす事が出来ます。

しかし、キャッシングを行ったら必ず返済をしなくてはなりません。

返済時にはキャッシングの利息を支払う必要があるのでクレジットカードの申し込みはキャッシング利息の低い所を選ぶと良いです。

現在、国内では非常に多くのクレジットカードが使われており大半は国際ブランドのマークが印刷されています。

有名なところでは、VISA、MasterCard、JCB、DinersClib、AMEXがあり、国際的に使用することができる心強いアイテムです。

VISAは日本では堅実な企業と提携しておりテレビから流れるCMでも有名で名前は聞いたことがあると思います。

MasterCardはVISAと双璧をなす企業で消費者金融のアコムと提携していることでも知られています。

JCBは日本発のカードなので国内では加盟店が多いのですが渡航先によっては使えない事がありますので注意して下さい。

金銭的に乏しいときに持っていると便利なクレジットカードは数多くのカード会社があるのでどの会社が良いか解らないという方も多いでしょう。

迷っている時に参考になるクレジットカードの選び方は各カードの年会費や金利などを見比べてみる事です。

年会費を支払いたくない場合は年会費は無料というクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人は低金利のカードがお勧めです。

手持ちが少ないとき財布に現金が無くても買い物できる1枚があれば心強いです。

例を挙げるとすると、買い物をして会計する時に手持ちが足りないこともあると思います。

そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば欲しい物を我慢することなく手に入れられます。

また、この1枚は支払に使う他国内・海外で使用できるキャッシング機能がついているので現金が急に必要な場合はこれを使って提携ATMから引き出すことができます。

クレジットカードは、現金不要で会計ができるだけでなくそれ以外にも数多くの特典を受けることができます。

アイワイカードなど流通系のものは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。

国際ブランドのAmericanExpress、DinersClubなどは、国内のホテルやレストランの料金面などで優待を受けることができます。

発行元が運営する会員向けのレクリエーション特典はフットサルコートやテニスコート、テニススクール、乗馬、カヌーなどのスポーツ施設の割引価格での利用があります。

片や、美容や医療面に力をいれているカードもあり人間ドック、脳ドックなどのサービスを受けられるものもあります。

プラチナやブラック、ゴールドカードでなくても多くのものは国内や海外で適用される旅行保険が付いています。

死亡や後遺障害、ケガや病気の治療や入院、通院などに対応していてステータスが高いほど手厚い補償を受けることができ心強いですね。

どの会社でも国内よりは海外旅行の方が限度額が高額なのですがこれは海外の方が医療費が高額なことが原因で、オーストラリアで骨折して治療に170万円かかったという例もあります。

ショッピング保険など物品に関する補償もありますが申告までに期限を設けている会社もありますので注意が必要です。

規定された条件が自動付帯か利用付帯かよって異なりますが携帯しなくても所有していれば適用されるのが自動付帯、旅行における支払に使用した場合に適用されるのが利用付帯です。

財布にあるといざという時に役立つクレジットカードの審査は色々なローンに関する審査に比べると比較的簡単なケースが多くおおかたのクレジットカード会社がネットからの申し込みがいつでも可能です。

ローンの問題が過去になければ単純な申し込み方法で短い時間で審査が終わる場合が多く審査通過後、1週間前後で本人宛のカードが郵送されます。

クレジットカードはキャッシュレスで支払ができるので財布からお金を取り出さなくてもスムーズに支払を済ませされます。

利用による手数料で運営会社は利益を得ていますがこれは利用者が支払うものと店舗側が支払う加盟料というように両者から徴収されます。

店舗側が支払う加盟料は営業内容によって異なり家電量販店やコンビニなどは一番低く1%から1.5%に設定されています。

決済回数は3回以上から利用者にも支払う料金が発生しますので指定口座から金利が加算されて引き落とされます。

1回や2回払いは販売促進の目的で運営会社は利用者に料金を請求しないためレジで加盟料を請求してきても払うものではありません。

クレジットカードは、商品やサービスを購入したり飲食をする際に代金を支払う方法のひとつです。

磁気によるバーコードやICチップを機械に通したり、番号や有効期限で契約者や提携ブランド、運営会社を特定する仕組みです。

売り上げや利益は会員が利用することから得るのですが意外なことに支払回数が2回までは金利手数料がかからないのです。

売り上げが発生しない決済の場合ではどこから利益がでているのか不思議ですね。

実は会員だけでなく、加盟店からも手数料が支払われているのでビジネスとして立派に成立しているのです。

ランチやディナーもキャッシュレスなので現金を持ち歩く必要がなくなるカードがありますね。

利用金額によってポイントがもらえたり増額キャンペーンなどのイベントが開催されることもあります。

使い方は簡単!支払いの際に提示してサインするだけですが本人名義の物でなければいけません。

利用によって立て替えられた商品の代金は所定の引き落とし日に契約した銀行口座から自動で下ろされます。

通常、1回払いで引き落とされますが後から変更できる方法も増えてきています。

現金をあまり持ち合わせてない時クレジットカードを持っていると安心です。

クレジットカードを申し込める会社は沢山ありますのでどの会社のカードにしようか決めずらい人もいると思います。

万が一、迷われた時はカードの良し悪しを比較してみるのも一つの方法です。

クレジットカードの比較はネットから各カードの比較サイトなどが参考になるでしょう。

買いたい物がある時にあると便利なのがクレジットカードです。

クレジットカードで支払いをすればわざわざ現金を取りだす必要がありません。

様々な会社がクレジットカードを提供していますが基本的に、カードは使えば使うほどカードにポイントが貯まっていきます。

このポイントの使い道は様々ですが請求が来た時に貯まったポイントを使ったり沢山貯めて欲しい賞品と交換するという様な事も出来ます。

引用:クレジットカードでの税金のお得な支払い方法とは?納税でポイントゲット