介護福祉士資格合格のメリットとは?

近年、老人ホームやデイサービス事業所などでは介護職員の人材が集まらないことが問題となっています。その理由として、老人介護の仕事は精神的にも体力的にもとてもハードであるために、一度採用した職員がすぐに退職してしまうことが日常茶飯事となっていることが挙げられます。また、他の業界と比較して介護職員の給料は低く抑えられていることから、そもそも就職を行おうとしない若者が多いこともあります。そうした中、介護現場のスペシャリストとして介護福祉士がどの職場でも重宝されている傾向にあります。介護福祉士は一定の介護に関する知識や技術を持っているという証明となる資格であるために、この資格を持っていることによって介護福祉業界での就職や転職がしやすくなるといわれています。また、介護福祉士の有資格者に対しては採用の際に優遇したり、給料や福利厚生の面で優遇する社会福祉法人や民間企業が増加しています。今後もこの資格を持っている人は様々な事業所でニーズが高まることが見込まれています。