交通事故の対処方法とは

今回は、交通事故の対処方法についてまとめておきます。
まずポイントは全部で5つあります。
<1つ目>そして、状況確認をします。
<2つ目>負傷者がいたら救護します。
<3つ目>道路上に車両の破片など危険物が落ちていたら除去します。
<4つ目>警察へ交通事故の連絡をします。
<5つ目>保険会社へ連絡をします。
<1つ目のポイントについて>交通事故の状況をきちんと確認しておかないいけませんん。
そうしないと、被害を見落としてしまう可能性があります。
見落としてしまうとひき逃げしてしまう可能性もあります。
<2つ目のポイントについて>負傷者がいたらに救護措置をとることです。
こうなると刑事罰が加えられます。
<3つ目のポイントについて>事故によっては道路に破損物などが散乱することがあります。
こうなると二次的事故が起きてしまいます。
また、散乱した物を片付けるなどして危険防止措置してください。
<4つ目のポイントについて>負傷者がいなくて物損だけの場合にも交通事故は警察に届けるようにしてください。
<5つ目のポイントについて>事故の発生日時、場所、事故の概要などについて保険会社へ連絡します。
後日、保険会社から書面が届きます。
それに必要事項を記入してください。
対人事故の場合においては、事故を起こしてから60日以内に連絡します。
そうしないと保険金がもらえません。
ですから、注意してくださいね。
保険って不払い問題が多いって本当?【トラブル防ぐ対策は?】