レーザー脱毛とは何?光脱毛と脱毛方法はどう違うの?

「レーザー脱毛」とは、レーザー光が特定の色(黒や茶色)に吸収される仕組みを利用した脱毛方法です。
レーザーを皮膚に照射することで、黒や茶色の毛や毛根、周辺組織にダメージを与えて脱毛します。
施術回数と効果としては、3回で50%、5回で70%、10回で90%ほどの脱毛が完了するとされています。
通常はここで終了で、産毛が残っている状態ですが、ほぼ無毛に近い状態にしようと思えば、15回以上の施術が必要になります。
施術の間隔としては、毛が生える周期に合わせて行うため、基本は2~3ヶ月に1回というペースになっています。
この脱毛方法で用いられているレーザーは「アレキサンドライトレーザー」というもので、施術時間は手全体で30分、足全体で60分ほどです。
「レーザー脱毛」を受ける際の注意点としては、主に2つあります。
1つは、よく保湿をすることです。
2つ目は、日焼けをしないことです。
これはレーザーの照射によって、皮膚が一時的に炎症を起こした状態になっているからです。
また、この方法は法律で医師の免許を持った者でなければ行えないことになっています。